【レポ・感想】w-inds. LIVE TOUR 2019 “Future/Past” 神奈川県民ホール(2019/9/3)

ものすごく社会人に優しくない日程ですが、なんとか参加にこぎつけました。神奈川です。
真面目な(?)レポは、もう前回書いてます(←セットリストもコチラ)ので、今回はMC中心に―――

メモ誤り・解読誤りによるウソ、メモを話として繋げるための若干の”勝手な加筆”についてはご容赦を…。

初心を忘れなすぎる龍一氏

「20年ぐらい歌ったり踊ったりしてるんですけど、考えに考えちゃって、あのときの気持ちを忘れちゃうときがあるのさ
と、いきなり自分語りを始めた龍一氏―――

慶太 「『あのとき』?」(“疑問符だらけ”という表情でツッコミ)
龍一 「僕がダンスを初めてした時―――小学校6年のとき、お姉ちゃんに無理やりレッスンに行かされて、そんときは『HIP HOPって何?』って感じだったの」
涼平 「ああ、『HIP? お尻? HOP? 跳ねちゃう??』」(と、当時の龍一氏の気持ちを勝手に代弁。オーディエンスが爆笑したところで)
慶太 「涼平君、涼平君、うるさい」(←に、また場内爆笑)「話が進まないから」
龍一 「札幌の小学校6年の小僧に、HIPでHOPとか謎じゃん?」(←実は、涼平氏の無駄口通りのことを考えていたらしい龍一氏)「で、嫌々ながら初めてスタジオのドアを開けて―――まあ、そこに涼平君がいたんだけど―――で、二階に上がって鏡の前に立たされて、訳も分からず音に合わせて踊って。で最後、ちょっと照明を暗くして、先生がムーディーなのやった瞬間、僕のカッコつけスイッチが入っちゃって
慶太 「え?ダンスもなんも知らないのに?」
龍一 「いや、そもそも小学校4年生の時からカッコつけてて、それがダンスやって、『え?ダンスって、こんなカッコつけがハマるの?』みたいな…」
慶太 「だとしたら龍一君、その頃の気持ち忘れてない」(←断言(笑))「だって、すごいカッコつけてるじゃん、今。全っ然忘れてない。無茶苦茶カッコつけてる」(という波状攻撃の後、さらに)「なんなら、俺が知ってる中で一番カッコつけてる」(そしてトドメに)「その当時から、逆に増してるんじゃないかっていう―――」
龍一 「えっ?」

というわけで、“初心を全く忘れてない判定”を食らった龍一氏でした。
ちなみに個人的には、カッコつけというより、『入っちゃう感』とか『自分に酔ちゃう感』というのが、見てて非常に面白いです。この日のライブで言えば、”FLY HIGH”の頭。
「たとえ離れてても、今は届かなくても~」のところ、龍一氏、めっちゃ歌ってます(笑)
しかも「For sure, and I know…」までがっつり…(笑)

w-inds. 緒方龍一 w-inds. LIVE TOUR 2019 Future/Past 神奈川県民ホール 9/3

なお、カッコつけっていう観点での自分史上最強は、ALL CITY STEPPERSのPVか何かで(←うろ覚え)、アップストロークの流れでぱっと軽く右手上げるところなんですが、w-inds.さんでは、何故ああいう”ちょっとスカした感じのカッコ付け方”をしてくれないのか…(笑)

涼平氏は、あ段の韻を踏むのが好きらしい

最初のMC(というか自己紹介コーナー)、「神奈川のみな―――」で噛んだ涼平氏。
龍一氏が、「なんか、雨漏りしてんな…」と、MC最初からやり直ししようとしたところで、慶太氏が「え?そっからやんの?」とツッコミ。
で、結局「龍一です」だけやり直しした後―――

横浜の皆さん!
盛り上がってますか!?
盛り上がってますか!?
雨は嫌いだ!
雨は嫌いだ!
湿気は嫌だ!
でもw-inds.は好きだ!!
ありがとうございます。

本人曰く、「いや~、コレが言いたくてね。神奈川って、あ行が続く感じがね」だそうですが、ライブのたびに言ってる『皆さん』で何故噛んだのかはナゾ
っていうか涼平さん、それ、「あ行」じゃなくて「あ段」…。
っていうか、そもそも「神奈川」って言ってなくね?
ちなみに、韻踏むのがシュミならロシア語やって、ロシア進出とかどうですか?(笑)(日常会話が普通に韻踏んでますし)

涼平氏が”Feel The Fate”で壊れるのは定番になった模様

相変らず楽しそうな涼平氏。
ぶっちゃけ、この曲の振りって全っ然趣味じゃないんですが、これだけやられるともう、『めっちゃ楽しそうな千葉涼平』という一つの出し物として十分成立してる気がする…(笑)
この日は、動き過ぎて汗拭く仕草まで。

w-inds. 千葉涼平 w-inds. LIVE TOUR 2019 Future/Past 神奈川県民ホール 9/3

ちなみに、”Get Down”PV~ライブツアー前半では、くるくるパーマな涼平氏でしたが、髪型はすっかり元に戻ってました。
まあ、個人的には、前半のこういう感じの髪型の方が好みなんですけど…。

w-inds. 千葉涼平 w-inds. LIVE TOUR 2019 Future/Past 神奈川県民ホール 9/3

コレは、「男は三十越えたらひたい出す!」「でも、頬骨出てる人は全開もダメ」という、自分内ポリシーに見事にフィットする逸品でした。
とりあえず目と眉の形が奇麗なので、激しいパーマかかった前髪で影作って隠しちゃうのは勿体ないと思います。(だってアレ、顔に自信のない人が雰囲気イケメンになるためのツールですよね(笑))

というわけで、本日はこれにて。
次は大宮です。

コメントはお気軽にどうぞ(※承認制です。反映までに少しお時間をいただくことがあります。予めご了承くださいますようお願い申し上げます)